クマ治療でパッチリんeye~可愛いくなり隊の美活サイト~

女性

パッチリした目元づくり

美容整形手術を利用することで、重たい印象の一重まぶたをパッチリとした二重まぶたできます。いわゆるプチ整形と呼ばれる方法での実施が可能であるため、費用的な面での負担が軽いといった点も、二重整形が人気を集める理由となります。

詳しくはコチラ

美を求める人増加

東京には美容外科がたくさんありますから、どこを受ければ良いのか悩んでしまうこともあります。そんな時はいくつかの美容外科を回ってみて良いかもしれません。手術を受ける前にはしっかりとカウンセリングを受けておきましょう。

詳しくはコチラ

安全性の高まり

今は美容外科でさまざまな手術が行われていますが、その中でも目の下のたるみの除去であれば、短時間に自然な仕上がりとなります。目の下のたるみは、年齢よりも更けて見えてしまうものです。ですから、とても利用価値の高いものです。

詳しくはコチラ

目元を明るくする

目の下にできてしまったクマを治療で消すならこちらでオススメの施術方法をチェックしてみてください。これでコンプレックスを解消できますね。

クマの種類について

目の下にできているクマの症状を改善したいと希望する人が多いですが、クマの種類によって治療方法が変わってきます。たとえば目の下が青っぽくなっている人の場合は、血行不良が原因でクマができている可能性が高いです。その場合は、わざわざ医療機関で治療を受けたりしなくても、自然に治ってしまうことが多いです。また、自分で目の周りを温めたり、軽いマッサージを行うなどといった方法も有効です。 一方、目の下に茶色いクマができている場合は、色素沈着が原因だと考えられます。その場合は、美容外科クリニックへ行ってレーザー治療を受けるようにするとよいです。色素にだけ反応するレーザーを照射してもらえば、茶色いクマをキレイになくすことができます。また、黒クマは皮膚のたるみが原因になっていますので、目の下のたるみを取る治療を受けるようにするとよいです。

目の下の黒ずみを取るには

中高年になると、目の下が黒ずんで見えてしまうようになる人が増えてきます。なぜそうなってしまうのかというと、眼球を覆っている脂肪が加齢の影響で下垂してしまい、目の下の皮膚を突出させてしまうようになるためです。若い頃は皮膚が元気ですから、多少脂肪が押してきてもそれを跳ね返すことができます。でも、年を取ると皮膚が衰えてしまいますので、下垂してきた脂肪を押し返すことができません。その結果、目の下の皮膚がたるんでしまい、その影が黒っぽいクマのように見えてしまうようになります。この症状を改善するためには、たるんだ皮膚や飛び出している脂肪を切除する手術が有効です。昔からよく行われているのは、下まつげの生え際にメスを入れて余分な皮膚や脂肪を切除する手術です。しかし、近年になり、まぶたの裏側の結膜に穴を開けて、そこから脂肪を除去する手術が行われるケースが増えてきました。この方法の方が術後の回復が早いため、多くの人に利用されています。